アケボノミヤマシキミ(ミカン科、ミヤマシキミ属)

常緑低木
単葉、互生
花期 4-5月
メモ ミヤマシキミと較べて萼と花柄が赤みをおびている。
蕾と花弁も赤みを帯びている。
高尾山で林弥栄博士、小林義雄氏が気付かれて、
1958年林弥栄博士により発表された。
高尾山が基準標本になっている。
写真下は同じ株を11/21に撮ったものだが、雌雄別株でこの株は雄株のため実はできず花の蕾が沢山ついていた。

2003/4/13 東高尾山稜

2004/11/21 東高尾山稜

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.