キジョラン(ガガイモ科、キジョラン属)(Marsdenia tomentosa)

つる性常緑多年草
分布 本州(関東地方以西)、四国、九州、沖縄
花期 8-9月
メモ 葉はアサギマダラの食草で、キジョランの名前は実が割れて種子が飛び出す姿が鬼女が髪を振り乱しているのにたとえて鬼女乱。

写真下は冬越しの様子ですが、ご覧のように大きい葉を付けたまま冬を越します。冬の低温と乾燥で葉が丸まります。
良く見ると葉に穴が空いているのが見えますが、キジョランはアサギマダラの食草ですので、これはその食痕です。
丸く食べるのが特徴で、幼虫はキジョランから妨害物質が出る前に回りを丸く食べて、その後中をゆっくり食べるのだそうです。


2005/7/3 高尾山

1999/2/7 日影沢林道

2008/2/17 多摩森林科学園

2008/2/17 多摩森林科学園

2005/11/23 多摩森林科学園

2003/2/8 日影沢学習の道


2005/11/23 多摩森林科学園

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.