コウヤボウキ(キク科、コウヤボウキ属)(Pertya scandens)

落葉小低木
分布 本州(関東地方以西)、四国、九州、中国
単葉、互生
花期 9-10月
メモ

高野山で枝をほうきの材に使ったのが名の由来。写真の3番目、4番目、5番目は本年枝(1年枝)、2年枝、3年枝だが花は本年枝の先端にだけ咲き2年枝には付かないそして3年目には枯れてしまう。これに対してナガバノコウヤボウキの花は2年枝のみに咲く。1年枝と2年枝は葉の出方が違うので花の咲く時期ならナガバノコウヤボウキとは容易に見分けられる。


2005/11/5 東高尾山陵


2002/11/17 東高尾山陵


2005/11/20 東高尾山稜


2005/11/20 東高尾山稜


2005/11/20 東高尾山稜

2006/3/18 高尾山

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.