マルバスミレ(スミレ科、スミレ属)(Viola keiskei)

山地の日当たりの良い所から半日影の林下や土手に生える高さ5-10cmの多年草
分布 本州、四国、九州(屋久島まで)
花期 4-5月
メモ 茎や葉に毛が多いものをケマルバスミレ、無毛のものをマルバスミレと呼んでいたが無毛のものは少なく両方をマルバスミレと呼ぶようになった。

2002/4/8 日影沢

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.