ミミガタテンナンショウ(サトイモ科、テンナンショウ属)(Arisaema limbatum)

山野の林内に生える多年草。仏炎苞の口辺部が耳たぶのように張り出している。下は実です。赤と黒の二色効果で鳥を呼ぶのでしょうか。

分布 本州、四国
花期 4-5月。
メモ 仏炎苞の口辺部が耳たぶのように張り出している。中に下向きに毛があり中に入った昆虫は上から出られず、下の隙間から出る事ができるそうです。これが強制的な受粉になるのでしょう。

下は実ですが、赤と黒の二色効果で鳥を呼ぶのでしょうか。そのためかやけに目立ちます。


2009/4/5 裏高尾

2003/4/15 東高尾山稜

2003/7/20 裏高尾

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.