2008/4/6 南高尾

観察会で南高尾へ。4月にこちら方面に来るのは初めてかもしれない。博物館跡に寄って見る。以前はここに高尾自然科学博物館があった。私がこの趣味を始めたのも高尾博物館での講座がきっかけだった。カツラの周辺にアミガサダケ、根にそって出ているように見えるので菌根菌ではないかという話だ。根に寄生して樹木には水分を樹木からは養分をもらい共生関係にあるとの事だ。甲州街道を梅ノ木平方面に歩き始める。途中圏央道の工事現場が痛々しい。気を取り直して横道に入ると、タチツボスミレ、咲き始めのイチリンソウに出会う。イチリンソウも咲き始めはうっすらと赤みを帯びて初々しい。梅ノ木平でカタクリを見て、林道へ。タチツボスミレ、ユリワサビ等に出会い。やがてナガバノスミレサイシンが出始める。このスミレは高尾の沢筋で良く出ている。アズマイチゲが満開だ。セリバオウレン、ヨゴレネコノメを撮りしばらく歩くとミミガタテンナンショウが咲き始めている。ミヤマカタバミの花もこの時期になると上を向いて咲いてくれるようだ。マルバスミレ、花も葉も丸くて可愛い!僕のお気に入りのスミレだ。やがてトウゴクサバノオが現れる。小さいがとても綺麗な花だ。ここにもこんなに出るのか。ニリンソウも綺麗だ。高尾では春になるとニリンソウがいたるところに出る。春の高尾には無くてはならない花だ。戻り道でヒナスミレに出会う。まだ盛りでは無いが花の色がとても綺麗。ヒメスミレも咲いていてくれた。ノジスミレではないかと言う意見もあったが葉の裏が紫っぽいし花の側弁に毛があるのでヒメスミレと言う事になった。観察会は一日に歩く距離がだんだん短くなっている。殆ど立ち止まってわいわいとやっている。それだけ皆さんの知識が深くなったと言う事だろうか。遅れないようにしないと。とても充実した一日だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

アミガサタケ タチツボスミレ イチリンソウ カタクリ タチツボスミレ
アミガサタケ タチツボスミレ イチリンソウ カタクリ タチツボスミレ
ユリワサビ ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン
ユリワサビ ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン ナガバノスミレサイシン
アズマイチゲ セリバオウレン セリバオウレン ヨゴレネコノメ ミミガタテンナンショウ
アズマイチゲ セリバオウレン セリバオウレン ヨゴレネコノメ ミミガタテンナンショウ
カントウミヤマカタバミ カントウミヤマカタバミ マルバスミレ マルバスミレ トウゴクサバノオ
カントウミヤマカタバミ カントウミヤマカタバミ マルバスミレ マルバスミレ トウゴクサバノオ
トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ
トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ トウゴクサバノオ
ニリンソウ ニリンソウ ヒナスミレ ヒメスミレ
ニリンソウ ニリンソウ ヒナスミレ ヒメスミレ

HOME