2004/2/22 長沼公園

観察会で長沼公園に出かけた。始めての場所で天気も良くわくわく気分で家を出た。京王線長沼駅を出るといつものメンバーが集まっている。日当たりの良い斜面にホトケノザが一輪咲いていた。本格的に花が咲き始めるまでもう少しだ。山道を登り始めるとクヌギやコナラの雑木林が気持ち良い。昔はこのような雑木林がずっと続いていたのだろう。ニュータウンなど宅地開発で消えてしまった。山道の途中でコナラの発芽に出会った。自然の営みは厳しいので成木になる事ができるだろうか。ここも保護されているが山道に石畳を敷いたりしているのが気に掛かる。人が沢山来るようにとの事だが「何も無い土の道の方が歩きやすいですよ。」と公園を管理している行政に言いたい。人工物の無い所を歩くから自然を味わえるのに。。しばらく登ると風媒花が沢山垂れている木に出会った。ケヤマハンノキだろうという事になった。風媒花で花自体は開花しても綺麗では無いが木全体を見てほしい。私にはとても美しく見える。見晴らしの良いところで小休憩。遠くの山が綺麗の見渡せる。ここから観る景色にもじつは人の手が加えられていた。アカマツが眺望の邪魔になるからと途中で切られているのだ。「自然のまま伸ばしてやれよ」と言いたい。アカマツの高木が入った景色も良いだろうに。下りの途中でウグイスカグラが咲いていた。距離があったので接写ができなかったのが残念。この日は天気が良く、雑木林の丘陵を気持ちよく歩く事ができた。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ホトケノザ コナラ ケヤマハンノキ
ホトケノザ コナラ ケヤマハンノキ
ケヤマハンノキ ウグイスカグラ ウグイスカグラ
ケヤマハンノキ ウグイスカグラ ウグイスカグラ

HOME