2004/6/18 蓼科

1泊でかみさんと蓼科へ行った。花としてはレンゲツツジが咲く時期だが今年は花が早いので終わりかけかもしれない。でも高原に行きリフレッシュできればと思い出かけた。お天気はまずまずで期待できそう。一日目は東急リゾートから八子ヶ峰へ。トレッキング入り口の駐車場に車は無く、ここで良いのかと思いながらガレ場を登り始める。単独行動では無いので写真を撮るのにあまり時間を掛けられず、花ももっと咲いていたのだがあまり撮れなかった。上り始めてすぐにギンリョウソウ、そしてスズラン。地面に這いつくばって写真を撮っているとかみさんは先へ。悪いなと思い後を追う。途中カラマツの林があって整然と並ぶ幹の重なりがとても綺麗だった。写真を撮っていると遅くなるので目に焼き付けて先へ。ここにもレンゲツツジが咲いていたが花の盛りが過ぎていた。今年は花が早い。かなり歩いて尾根に出た。視界が開けて気持ち良い。小休憩してゆっくり歩き始める。とても綺麗な樹がありこれはどうしても撮りたかった。さらに下を見るとコケモモが咲いていてこれだけはと(「これだけは」が何回も出て来るが。)撮った。ヤマドリゼンマイの群生が綺麗。景色の良い場所を見つけてお昼にした。高原を渡る風が気持ち良い。八子ヶ峰を下って駐車場に戻る途中でニシキウツギが咲いている。とても綺麗で黒バックで撮ることができた。この日はこれで奥蓼科の宿へ向かった。
渋川温泉に泊まり二日目はまず近くの「みかさ池」へ温泉湖で水の色が濃く景色が良く映りこんでいる。実はこの写真は失敗。PLを聞かせすぎて左の草の輝きが無くなってしまった。池から遊歩道に戻る途中でカメラを持った女性が歩いて来て少し話した。写真を撮りに来ているそうで「連泊しているが昨日より今日が良いですよ。」「横谷渓谷は行った事ありますか。どうでした。」「紅葉の時期に行った事があるがとても綺麗でしたよ。」「この先の池もけっこう良いですよ。歩いて15分位ですから。」写真目的で来るならやはり単独行動が良いのか。自分は行くにしても日帰りかな。遊歩道を歩いて「おしどり隠しの滝」へ滝の発するマイナスイオンのせいか癒される。数段になって流れ落ちる滝が爽快だ。写真を撮ってベンチで休憩。ここの景色も目に焼き付けた。滝つぼ近くで盛んに写真を撮っている若い女性がいたが軽装で危なっかしい。岩は滑るので転んだら大変だ。かみさんと次の王滝まで歩いて戻ろうかと話し歩き始めたが結構距離があった。やっと滝への降り口に着いて山道を降り始めると何か動く物が、「クマか」一瞬緊張したがニホンカモシカがこっちを見ていた。写真を撮る間も無く山の斜面を降りていった。「王滝」を見て車に戻りさてどうしようか。「せっかくだから車山肩に行ってみよう。帰りにすずらんの湯もあるし」。車山肩に着くとここはレンゲツツジが丁度盛りだった。しばらく歩いて写真を撮り始める。花の密度がそれ程でもないので樹を主役に望遠で撮る事にした。広角でも撮ったがやはり散漫な写真になってしまった。コバイケイソウも綺麗で花を主役に一枚。写真はこれ位にして駐車場脇のレストハウスで高原牛乳を飲んで帰路に着いた。初夏の高原を満喫でき気持ち良い旅だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ギンリョウソウ スズラン コケモモ ヤマドリゼンマイ
ギンリョウソウ スズラン コケモモ ヤマドリゼンマイ
ニシキウツギ
ニシキウツギ
コバイケイソウ
コバイケイソウ

HOME