2003/12/14 日影沢林道

今年最後の高尾です。今年は天候不順で雨の日が多かったが、この日は良い天気で気持ち良く家を出た。林道に入ると去年まであったキジョランが無い。その変わりではないがテイカカズラの実を発見。冠毛をつけた種が飛び出そうとしている。花は無いが空気が澄んでいて空が青い。開けた所で山を見ると紅葉が綺麗。さすがに盛りは過ぎているがまだ楽しめる。しばらく歩くとアケビの葉が光に透けて綺麗。花を発見。ハキダメギク。綺麗な花なのにかわいそうな名前だと思う。陽だまりの場所でお昼。この日は観察会なので大勢で食べた。一人より楽しい。食べながら気になっていた木を見に行くとやはりオニグルミのよう。ここからの風景も良く木を入れて山を撮った。お昼が終わってしばらく歩くと、斜面の下の方にイタヤカエデの紅葉が輝いている。紅葉は光が当たると本当に綺麗。山側の斜面にミヤマフユイチゴの実。「ルビーのようで綺麗なんですよ。」と言った人がいたが本当だ。付け加えると「美味い」。午後になって陽も低くなって来て山の姿もシルエットになって来た。林道も終わりの方でマルバウツギのやさしい紅葉。午後になってあまり光が当たっていなかったが、光が当たると綺麗だったろう。残念。われわれ以外ほとんど人に会わない、静かな林道。冬には冬の自然があり充実した一日を過ごした。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

テイカカズラ ハキダメギク アケビ
テイカカズラ ハキダメギク アケビ
イタヤカエデ ミヤマフユイチゴ マルバウツギ
イタヤカエデ ミヤマフユイチゴ マルバウツギ

HOME