2004/8/5,6,7 志賀高原

今年も夏は信州へ。八王子からは交通の便が良い。午前中雨の残る中早朝に出かけた。天気予報では雨は上がりそうだ。昼前に志賀高原に着いた頃には天気は良くなり高原と言えども少し暑い。琵琶池の反対側の小さな池が車窓から見え寄って見るとなんとヒツジグサが咲いている。一池と言う池で初夏にはレンゲツツジも咲くそうだ。少し写真を撮ってから琵琶池へ。ここはボート遊びなどできベンチに座ってしばらく休んでいた。昼食を食べて信州大学自然教育園へ。ヨツバヒヨドリにアサギマダラが来ている。三脚を構えている時間は無く手持ちで撮る事に。ピンボケが多くやっとこの一枚が何とか見れるかなと思うが。蝶の写真は難しい。構図等不満は残るが撮れただけで充分だと思う。アザミにアブが潜り込んでいる姿が何とも良い。池の近くのベンチで休みながら写真を撮る。ここは人も少なくのんびりできて気持ちが良い。志賀高原には何回か来ているのでそんなにいろいろと回らなくてもゆっくり出来れば良い。ヤマハハコやクサボタンなどを撮り木戸池によってから宿に向かった。
2日目も晴天で四十八池の池めぐりコースへ。前山のリフトで上がるとさすがに涼しい。前山湿原でコバギボウシを撮って渋池へ。鏡の様な湖面に回りの景色が映りこんでとても綺麗だ。しばらく歩いてやっと四十八池に到着。宿で作ってもらったお弁当を食べ、木道を歩き始める。今年は花が早いのかイワショウブやワレモコウ位しか咲いていない。でも池を渡る風が気持ちよくベンチでしばらく休んだり写真を撮ったりで気持ちよく過ごせた。充分に高層に点在する池を堪能して戻る事にした。この後横手山に上がった。リフトを降りて歩き始めると草の上にビニールを敷いて本を読んでいる女性がいた。これ良いなと思い、少し離れた場所にビニールを敷いてカミサンと休憩。寝転んで目を閉じると眠りそうだ。ゆっくりしてこの日は宿へ向かった。
3日目、奥志賀の稚児池に行く事にした。この日は天気が崩れ始めそうで雷が心配だ。奥志賀ゴンドラリフトに乗る時、「雷注意報が出ているので一時止まる事があります。」と言われ上へ。ここはスキー場でゲレンデを池に向かって登るわけだが、何とヤナギランが咲いているではないか。「高原の貴婦人」を撮りたかった。池は小さいが静かで水面が鏡の様。歩いているとご夫婦が「花が綺麗だけど名前がわかると良いんだよねー」と。イワショウブやウメバチソウを図鑑を見せて教えてあげた。女性は花が好きで大抵熱心に聴くのは女性の方だ。木道の広くなっている所でお昼を食べていると雷が鳴り出した。まだ遠いがそろそろ引き上げた方が良さそう。ゲレンデを下る途中で小雨が落ちてきて丁度良かった。下に降りるとまだ時間が早いので奥志賀の方へ行ってビニールを敷いて休んだ。この日は涼しくお菓子を食べて寝転んでいると夜コンサートがあるようで練習の音が聞こえて来る。気持ちよく少し眠ってしまった様だ。小雨が振り出したのを契機に帰路に着いた。今回はお天気に恵まれ良い旅だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ヒツジグサ ヒツジグサ クガイソウ アサギマダラ
ヒツジグサ ヒツジグサ クガイソウ アサギマダラ
マルバダケブキ ノアザミ コバギボウシ ヤマハハコ
マルバダケブキ ノアザミ コバギボウシ ヤマハハコ
クサボタン ハクサンオミナエシ コバギボウシ
クサボタン ハクサンオミナエシ コバギボウシ
イワショウブ イワショウブ ワレモコウ
イワショウブ イワショウブ ワレモコウ
キオン ヨツバヒヨドリ ヤナギラン ヤナギラン ノアザミ
キオン ヨツバヒヨドリ ヤナギラン ヤナギラン ノアザミ
ヤナギラン ウメバチソウ イワショウブ
ヤナギラン ウメバチソウ イワショウブ
コオニユリ
コオニユリ

HOME