2004/2/8 日影沢、日影沢林道

久しぶりの高尾です。ここの所いろいろ忙しくて出かけられませんでした。この日は快晴。風も無く絶好の日和でわくわくして家を出た。高尾駅からの小仏行きのバスは2台連発で出ていて楽に乗れた。日影バス停で降りまず小下沢の梅林を見に行った。まだ梅はあまり咲いてなく紅梅が少しだけ。写真を撮って日影沢に戻る。当然花は無く沢に降りて見た。流れを見ると岩につららが下がっている。まだ寒いんだと思いながら写真を撮った。構図を変えたり、レンズを変えたりしている内に流れに光が入って来た。つららに光が当たらないかとしばらく待ったが影になっているので無理だろう。林道に上がって学習の道を上り始めるとミヤマフユイチゴに光が当たって綺麗だった。「春を待つミヤマフユイチゴ」と言う感じか。上の林道に出る所で降りてきた人に声を掛けられ、「何を撮っているんですか?」「主に木や花ですがこの時期花は無いので木や風景を撮ってます。」「どの位撮っているんですか。」「この辺を5年位回ってます。」「じゃあどこに何があるかだいたいわかるんですか。個展でも開くんですか。」「いやーそこまでは。。。」しばらくこの辺で見る植物の話をして別れた。さて日影沢林道に入るとりっぱな木。とりあえず写真を撮って特徴をメモした。シデ類の様な樹皮だった。さらに歩くとカシの高木。これは葉が落ちていたのでシラカシと分かった。公園で見るシラカシと違い大木だ。林道の谷側にタマアジサイの枯れ跡が残っていた。これは株全体を入れて撮った。お昼を食べて少し歩いた所でホオノキ。青空を背景に美しい。林道も降り口に近くなってモミ。これも青空に映えてきれい。今日は天気が良く、風も無く久しぶりの高尾で気持よかった。。。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ミヤマフユイチゴ
ミヤマフユイチゴ
ミズキ シラカシ タマアジサイ ホオノキ モミ
ミズキ シラカシ タマアジサイ ホオノキ モミ


HOME