2004/4/18 奥高尾

この日は観察会で小仏ー小仏城山ー高尾山のコースを歩く。観察会としては距離があるのでゆっくりと写真を撮っている時間は無いかもしれない。例年だと桜が綺麗な時期なのだが今年は花が早くこの日はもう終わってしまったかもしれない。小仏バス停で降りて山道を登り始めるとタチツボスミレの群生が目立つ。写真を撮っていると遅れてしまうのであきらめるがヤナネコノメソウの実が見えている所に出会った。これはどうしても撮りたかった。城山を過ぎたあたりだろうか人まかせで歩いていたので場所は、はっきりしないが、アケボノスミレ、アカネスミレを見ることができた。それにしても女性はスミレが好きだと思う。みんなスミレに夢中になっている。歩いている途中でエイザンスミレの綺麗な株があった。それとタチツボスミレの白花。オトメスミレのようだ。イカリソウも咲いていた。この花の時期なのかとても綺麗だ。ニオイタチツボスミレも咲いていて、やっと香りを確認できた。「おしろいのよう?」「今はおしろいなんてつけない。におい袋、京都のにおい袋でどお?」「うん、ぴったりだね。」という事でニオイタチツボスミレの香りはにおい袋のようだという事になった。この日は沢山のスミレを見る事ができとても充実した一日だった。

ご覧にないたい写真をクリックしてください。

ヤマネコノメソウ アケボノスミレ アケボノスミレ アカネスミレ エイザンスミレ
ヤマネコノメソウ アケボノスミレ アケボノスミレ アカネスミレ エイザンスミレ
オトメスミレ イカリソウ イロハモミジ ニオイタチツボスミレ キジムシロ
オトメスミレ イカリソウ イロハモミジ ニオイタチツボスミレ キジムシロ

HOME