2004/5/29 日影沢、日影沢林道

日影沢に出かけた。ジャケツイバラは終わってしまったしこの日は特に何を見ようと言う目的は立てて無い。行けばその時の自然に出会え何時も感動する事が出来るだろう。日影バス停を降りるとタンポポ、「タンポポか」と通り過ぎようと思ったがあまり色が鮮やかだったので写真を撮って行くことにした。図鑑的にしっかり撮ってその後に思いっきりアップで一枚。写真が上がって見ていると不思議な物が写っている。昆虫が液体を出している様だ。以前、博物館でアブラムシとアリの共生を教えていただいた事を思い出した。アブラムシが植物を食べ甘露を出す。それを目当てにアリが集まる。アブラムシは弱い昆虫で天敵のテントウムシに簡単に食べられてしまうのだがアリを集める事によってテントウムシから守ってもらうとの事。アブラムシにとっては不要な甘露を出すことでアリに用心棒をしてもらっているそうだ。これがそうか判らないがマクロで拡大すると肉眼では見えない神秘的な光景に出会う事ができる。沢沿いにユキノシタが咲いている。強い光が当たって光輝く花を撮れた。学習の道でも咲いていて日影だったのでしっかり撮ることができた。丹念に探すとサイハイランを見つける事ができた。暗い日影の場所で幻想的な蘭に出会う事ができた。林道に上がるとモミジイチゴの実。写真を撮ってから少し食べたがなかなか美味い。エゾタチカタバミにも出合う事ができた。南高尾で見たがここにも出るのか。ネムノキの新緑が初々しい。ミゾホオズキ、クサイチゴの鮮やかな赤い実も綺麗だ。咲き始めたウツギが幻想的。タチツボスミレも開放花が終わり、閉鎖花が出来始めている。最後にハルジオンを思いっきり綺麗に撮った。綺麗に写せたが何の花か良く判らない写真になってしまった。
梅雨の晴れ間の静かな林道を満喫する事ができた。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

カントウタンポポ カントウタンポポ ユキノシタ
カントウタンポポ カントウタンポポ ? ユキノシタ
ユキノシタ サイハイラン サイハイラン モミジイチゴ エゾタチカタバミ
ユキノシタ サイハイラン サイハイラン モミジイチゴ エゾタチカタバミ
ネムノキ ミゾホオズキ クサイチゴ ウツギ タチツボスミレ
ネムノキ ミゾホオズキ クサイチゴ ウツギ タチツボスミレ
サワギク サワギク ハルジオン
サワギク サワギク ハルジオン

HOME