2006/6/2 八千穂高原

年に1,2回、写真撮影のために遠出する。今年は八千穂高原にした。所属する写真クラブで八千穂のミツバツツジが丁度見頃で撮りに行かないか希望者を募った。クラブの人と一緒に行きたかったのだが急な話で休暇が合わない。撮影ポイントを聞いて後日単独で出掛けた。まず駒手池キャンプ場へ。池の小島のミツバツツジはもう終わっていたがズミの花が盛りだ。池への写り込みが綺麗。少し撮って池の周りを歩いてみると黄色い花の群生。ウマノアシガタのようだ。こういう場所なので背景を入れて撮る。次に八千穂レイクに向かう。この時間ではどうかと思ったがカラマツの新緑が綺麗だ。少し歩くとトウゴクミツバツツジを見つけた。それ程大きな樹ではなかったが花は盛りだ。近くまで行ってオシベが10本あるのを確認したので間違いない。次に向かったのが保養所近くのミツバツツジの大木だ。道の近くにあり平日でも車が停まっているとの事で場所は直ぐに判った。シラカバと一緒に出ている見事な大木で周りをロープで囲ってある。キャンプ場の人はトウゴクだと言っていたが確認は出来ない。写真を撮り終わって隣で撮っていたカメラマンの方と少し話をした。「これが終わると次はあれが咲き出すよ」とレンゲツツジを指差した。赤い蕾が膨らんでいる。後1週間位だろうか。あまり長く居ると迷惑になるので車に戻る。もうすでに午後1時を回っている。朝が早かったのでお腹が空いた。自然園の脇に食堂があったのを思い出し先を急ぐ。お昼を食べていると空模様が怪しくなって来た。どうしようか迷ったが自然園へ。ベニバナイチヤクソウが咲き出している。数カット撮った所で雨が落ちてきた。やっぱりと思いながら急いで戻る。入り口の建物内で暫く様子を見ていたが止みそうに無い。車に戻って少し待ったが一向に止みそうに無い。もう少し撮りたかったが諦めて帰る事にした。
ミツバツツジの大木、真っ白なズミの花が印象に残った。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ズミ ウマノアシガタ ウマノアシガタ カラマツ
ズミ ウマノアシガタ ウマノアシガタ カラマツ
トウゴクミツバツツジ ミツバツツジ ミツバツツジ ミツバツツジ ベニバナイチヤクソウ
トウゴクミツバツツジ ミツバツツジ ミツバツツジ ミツバツツジ ベニバナイチヤクソウ

HOME