2006/8/4,5 志賀高原

志賀高原2日目は四十八池へ向かう。今日も天気が良い。前山リフトで上がると山が良く見える。朝で空気が澄んでいるのだろうか。少し歩いて渋池に着く。着くなりカメラを持って女性が近づいて来た。「シャッター押してください」かなっと思ったが「電池交換したらこうなってしまったんです」と説明を始める。どうやらカメラの動作がおかしくなったようだ。「一眼レフでもメーカーが違うと全然違うしなー」と思いながら一応見て見る。三脚持って一眼レフぶら下げてカメラに詳しいと思ったのかな。撮影モードを変えるとシャッターが切れてしまうようだ。こんな綺麗な所に来て写真が撮れないなんて可愛そうだな。女性と一緒に来た人もこちらを見ている。判りませんと逃げにくい状況、プレッシャー、結果は。。レリースが付いたままでロックの位置になっていた。レリースを抜いて復旧。先に着いていたかみさんが「直ったの?、よかったね」だって。。渋池の写真もそこそこに歩き始める。1時間程歩くと四十八池に着く。途中、フィールドスコ−プで野鳥を観ている人もいて山道をゆっくり歩いて昼前に湿原に着く。湿原は暑いので入り口のベンチでお弁当を食べる。ワタスゲやキンコウカ等を撮りながら木道を行く。足元に光る深紅の輝き。モウセンゴケが綺麗だ。繊毛から出ている粘液が光って宝石の様。食虫植物だがこれなら人も寄って来るよ。丁度花も咲いている。湿原の外れまで行って引き返す。天気が良く日の光を遮るものが無い湿原はかなり暑い。湿原からの戻り道、花を撮っている女性がいた。「イチヤクソウですか」「そう、湿原はどんな花が咲いていました?」花の情報を交換して分かれる。さらに日影になった場所でオトギリソウを見つける。やっぱり花は日影の方が色が綺麗だな。リフトで下へ降りると暑く何処がで冷たい物を飲んでから宿に向かう事にした。
翌日は奥志賀の稚児池へ。焼額山の上、標高2000Mにある小さな池だ。リフトで上がると日差しが痛い。長袖シャツで正解だ。ゆっくりと歩き始める。以前来た時に咲いていたヤナギランが見えない。もう終わってしまったのか。日差しを避ける場所が無くて暑い。メイゲツソウを撮って池まで上がる。日影の場所で荷物を降ろして汗を拭う。風が通って気持良い。風が無く池が鏡の様だ。少し写真を撮りながら散策する。日影が無いがここでお昼にしよう。念のため持って来た傘を広げる。これで帽子が脱げる。隣にいたグループの男性が「用意が良いね」「念のために持って来た傘なんですよ」。焼額山のリフトを下りてまだ時間があるしさて何処に行こうか。日差しが強くすごく暑い。あそこの木陰でゆっくりしよう。人も少ないだろう。高原に来たんだし。暫くゆっくりして家路に着いた。お天気に恵まれた志賀高原だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ワタスゲ キンコウカ
ワタスゲ キンコウカ
モウセンゴケ モウセンゴケ モウセンゴケ イチヤクソウ オトギリソウ
モウセンゴケ モウセンゴケ モウセンゴケ イチヤクソウ オトギリソウ
ニガナ メイゲツソウ イワショウブ
ニガナ メイゲツソウ イワショウブ
ワタスゲ ワタスゲ アキアカネ
ワタスゲ ワタスゲ アキアカネ


HOME