2004/9/19 小下沢

観察会で小下沢に行った。6月の観察会に出て以来なので久しぶりに皆に会うのが楽しみ。高尾駅で集合し懐かしい顔を見るとやはり嬉しい。さて日影バス停で降り日影沢から小下沢に向かう途中の道端にもいろいろと植物が出ている。この日はバアソブに出会う事ができた。ジイソブかどうか皆で話し合っていたようだがこれはバアソブだとの事で、めったに見れない花でラッキー。コマツナギ、ママコノシリヌグイなどを撮りながら小下沢に入る。キンエノコロが秋の光に輝いてでとても綺麗。まだ暑い日が続いているが山の空気はもう秋の気配です。ハグロソウが良く目立つ。小さい花なのに鮮烈なピンクが目に飛び込んでくる。こうして虫にアピールしているのだろうか。キバナアキギリが咲いています。虫が入ると葯降りて来て花粉を付ける事は良く知られているが、シャープペンの先で花の中に見える紫の部分を押すと確かに葯が降りて来る。「ここを押すと下がるのか」自分でやってと確認できた。谷川のユウガギクにアサギマダラが留まっています。逃げない。良く見ると羽が痛んでいます。逃げる力が無いのか。遠くから来たのだろうか、可哀想に。誰にも取られないと良いのだが。Kさんの手にウラギンシジミが留まった。人に慣れているわけではなく、人の汗を吸いに来ているのだ。ちょっとくすぐったいが蝶なので刺すわけでは無い。シラネセンキュウはほとんどが蕾だったが咲き始めた花もあり初々しい。本当に秋らしい涼しげな花だと思う。いつも思うのだが高尾は来るたびに新たな感動を味わい何回来ても飽きる事は無い。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

バアソブ コマツナギ ママコノシリヌグイ キンエノコロ キンエノコロ
バアソブ コマツナギ ママコノシリヌグイ キンエノコロ キンエノコロ
ハグロソウ ミズヒキ キバナアキギリ キバナアキギリ
ハグロソウ ミズヒキ キバナアキギリ キバナアキギリ
アサギマダラ イチモンジセセリ ウラギンシジミ シラネセンキュウ
アサギマダラ イチモンジセセリ ウラギンシジミ シラネセンキュウ

HOME