2007/2/25 多摩森林科学園

まだ2月だが今年は暖冬で早春の花が咲き始めたとの情報も入ってきた。今日の観察会も楽しみだ。樹木園を歩くとアテツマンサクが満開だ。濃い黄色の花が青空に良く映える。ミヤマシキミが蕾を沢山付けている。暫く歩くと林下に白い花が良く目立つ。セリバオウレン、初めて見た。とても繊細な感じのする花だ。樹木の話をしながら暫く歩く。「ヨグソミネバリの短枝の葉跡、顔が重なっている様に見える。」1,2,3、、と葉跡の数を数える。「これで6年目、すごいね。」葉跡の面白さよりこれで6年目と言う成長の遅さにびっくり!「短枝ってそういうものですよ」とさらりと言われてがっくり。。陽だまりの暖かい場所にスミレ、タチツボスミレだ。もうスミレが咲いているのか。蕾もあり可愛い。昼食を取り暫く歩く。桜保存林にくるとカワヅザクラが満開だ。携帯で写真を撮っている方もいたがこの時期はまだ人も少なくゆっくりと写真を撮る事ができた。ミツマタも咲き始めている。今年は花が早いので楽しみだがスギ花粉の飛散も早いようだ。この日もかなり飛んでいたようで帰宅後症状が出てしまった。でも歩いている時はそれ程でもなく春の花が綺麗で楽しい一日だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

アテツマンサク ミヤマシキミ セリバオウレン セリバオウレン セリバオウレン
アテツマンサク ミヤマシキミ セリバオウレン セリバオウレン セリバオウレン
タチツボスミレ カワヅザクラ ミツマタ
タチツボスミレ カワヅザクラ ミツマタ

HOME