2004/11/21 東高尾山稜

観察会で東高尾山稜に行った。高尾山口駅で集合。すごい人出だ。皆、高尾山に紅葉狩りに行くのだろう。甲州街道を渡って向かい側の尾根に登る。まず目に入って来たのはヤブランの実。光沢のある黒がとても綺麗。尾根に出て小休憩。見上げるとカマツカが色づいている。秋の澄んだ空気が気持ち良い。暫く歩くと、イロハモミジが少し赤くなっている。ほんの一部だが真っ赤な葉が鮮やかだ。そしてウリカエデの黄葉。「秋に色付くのはイロハモミジだけではないよ。」と言っているようでこれも写真に収めた。この日はお天気が良く青空が気持ち良い。そして撮りたかったミヤマシキミの実。葉の影からそっと顔を出しているようで何とも可愛い。最後にこの日の担当のSさんが見つけたオニシバリ。夏には落葉するそうで冬眠の逆だろうか。一度見たかったそうでとても喜んでいた。見たいと思う気持ちが通じたのかな?
花は終わり紅葉も今一だったがそれはそれでこの時期の自然に出会え充実した一日を過ごした。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ヤブラン カマツカ イロハモミジ イロハモミジ ウリカエデ
ヤブラン カマツカ イロハモミジ イロハモミジ ウリカエデ
ミヤマシキミ オニシバリ
ミヤマシキミ オニシバリ

HOME