2005/1/9 日影沢、日影沢林道

年が明けて始めての高尾、まだ雪が残っているだろと思い軽アイゼンを持って出かけた。日影沢の入り口はアイスバーン状態でアイゼンを付けて歩き始める。少し歩いた所で樹に白い毛を付けた種子が沢山付いている。樹そのものの種子ではなく別のつる性植物が絡まっているようだ。まるで樹が綺麗な服をまとっているよう。同定できず後日調べる事に。ウッディイハウス愛林を過ぎて学習の道にはまだ雪が残っている。寒さに耐えるアオキの幼木が心に残る。林道に入ると特に撮るものは無くしばらく林道の澄んだ冬の空気を楽しむ。レモンエゴマの花が残っている。枯れた後でも姿が残り触るとレモンの香りが残る。ナギナタコウジュも花の姿を残している。テイカカズラの白い綿毛が光ってとても綺麗。冬の澄んだ空気にぴったりだ。
雪の残る冬の林道、冷たい澄んだ空気が気持ちよく静かな山歩きを楽しんだ。


ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ボタンヅル ボタンヅル アオキ レモンエゴマ レモンエゴマ
ボタンヅル ボタンヅル アオキ レモンエゴマ レモンエゴマ
ナギナタコウジュ テイカカズラ
ナギナタコウジュ テイカカズラ

HOME