2005/2/6 小下沢

久しぶりの高尾。まだ何も無いかもしれない。それならそれで良い、山の空気を吸って来よう。高尾駅からのバスも空いている。日影バス停で降りると、雪がたっぷり残っている。小下沢は平坦な道だから大丈夫だろう。梅林に来ると花が少し咲き始めている。ここは写真を撮りに来る人が多いがさすがに今日は居ない。向こうを見るとオニグルミ。葉を落とした冬の姿も存在感があって良い。山の稜線に目を向けると葉を落とした広葉樹が一列に並んでいる。冬でなければ見れない景色だ。来て良かった。しばらく歩いて足元をみると陽だまりにある野草の葉が柔らかそうで綺麗だ。ハコベだろうか。沢沿いに歩くと丁度、光が差し込んでいる。下に降りると流れに周りの景色が写りこんでいて良い感じだ。林道の日影の場所にはまだ雪がたっぷり残っている。ボタンヅルが低い場所にあってしばらく見ていると光が差し込んできた。白い綿毛が輝き出す。光が当たっている内に急いで撮った。
まだ花も無く撮るものは少なかったが冬の静かな林道を満喫した。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ウメ オニグルミ ハコベ
ウメ オニグルミ ハコベ
ボタンヅル
ボタンヅル

HOME