2005/3/21 高尾梅郷遊歩道、蛇滝

この日は晴天、観察会仲間と梅郷沿いの遊歩道、蛇滝から高尾山に登り、1号路を降りるコースを歩いた。ここは3月から4月にかけていろいろな花が咲き好きなコースだ。遊歩道に入りオオイヌノフグリ、もういいかとも思ったがやはり気になる花で1枚。暫く歩いてキクザキイチゲ、アズマイチゲなどが咲き始めている。咲き始めで初々しい。窪地の湿った場所にはハナネコノメも出ている。アズマイチゲがとても綺麗だ。梅郷で昼食にする。目の前のフサザクラが丁度良くラッキーだった。この花は咲き始めから散るまで1週間程で花期が短く満開の花を見れるのは本当に運が良かった。この頃から花粉症がひどくなって来てちょっとつらくなって来た。気を取り直して蛇滝口から高尾山を登り始める。しばらく歩くと写真を撮っている方がいてハナネコノメを撮っているとの事。もう少し登った所にも出ていたので撮り始める。先ほど撮っていた方が登ってきたので少し話しをした。同じジッツオーの三脚を使っていて私の短いセンターポールを見て「それは自分で切ったの?」「ジッツオーは短いの売ってますよ。元々着いているのは長くて。やはりハナネコノメの撮影は長靴ですか?」「沢に降りるからこれじゃないと」。。お別れして暫く登ると警察の車が数台止まっていて、どうしたのか聞くと「けが人が出たとの事。」帰ってから「高尾山で山火事発生」のニュースを聞いた。関係があったのか。花粉症もかなりつらくなって来た。少し後悔も、でも日影の涼しい場所で小休憩している時は本当に気持ち良い。霞台に上がり暫く休憩、「ヒナスミレ見たんだって、戻れば良かったかな〜でも花粉で根性残ってなかったし。やっぱり戻るべきだったよ。」同行したYさんが同定したので確実だ。1号路を降りるといつものヨゴレナコノメ、写真を撮っていると外国のご夫婦が何の花か興味があるようで聞いて来た。日本語ではもちろん通じず「植物の共通語は学名だよ。」携帯図鑑には学名が載っていず結局伝わらなかった。下へ降りて花粉症がかなりつらくなっていてごみを入れるため持って行ったビニール袋がティッシュでいっぱい。それでもしっかりお茶して帰った。
花粉症で少し後悔したが早春の花に出合えて良い日を過ごした。花粉が下火になったらまた来よう!

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

オオイヌノフグリ キクザキイチゲ アズマイチゲ アズマイチゲ ハナネコノメ
オオイヌノフグリ キクザキイチゲ アズマイチゲ アズマイチゲ ハナネコノメ
ユリワサビ フサザクラ ハナネコノメ ヨゴレネコノメ ヤマネコノメ
ユリワサビ フサザクラ ハナネコノメ ヨゴレネコノメ ヤマネコノメ

HOME