2005/4/9 高尾梅郷遊歩道

花粉はどうか気になる所だが再び梅郷へ。ヤマエンゴサクが咲いているらしい。遊歩道に入るといつもの場所にジロボウエンゴサク、カテンソウも咲いている。少し歩くとタチツボスミレが綺麗。良く見る事のできるスミレなのであまり撮る人は居ないかもしれないが、綺麗だと思う。ニリンソウの群生も、どう撮ったものか、手前の花だけにピントを合わせて後はボケに。日差しが強くてあまり良くなかったかもしれない。小仏川に掛かる橋に来るとアブラチャン。花も終りに近づいているようだが葉が少し出始めた姿も清々しくて良い。そしてお目当てのヤマエンゴサクの群生。沢山撮ったがこのカットが一番気に入った。ふと目を移すとアブラチャンの根元にたたずむ一輪のニリンソウ。少し引いて撮る。女性数名が「あれタカオスミレですか?」「そうですよ。ここ出るんですよ。」「ねえタカオスミレだって。。。」と見始めた。コチャルメルソウが花盛りで撮っているとガイド付きの団体が来て見始めた。しばらく場所を譲ってやり過ごす。ここも結構知られて来たようだ。タカオスミレの所に戻り撮り始める。日差しが強くどうも葉の綺麗な色が出ない。持っていたレフ板を日除けにして撮って見た。この方が良いようだ。でもいじった後で葉が花の上に乗っていたのを上がってから気がついた。「はやり詰めが甘い、良く見ればわかったのに」と反省。ミヤマカタバミが盛りで良く咲いている。綺麗な花を見つけて撮り始める。川を渡る風でなかなかシャッターが切れない。窮屈な姿勢でじっと風が止むのを待つ。風があっても不思議と一瞬止む瞬間があるものだ。ミミガタテンナンショウを撮っていると学生のサークルだろうかハンディイ図鑑を持って数人歩いて来た。「マムシグサですか?」「僕はミミガタテンナンショウだと思うけど。ほらここが耳たぶの様に出ているから。」「なるほど、写真撮らせてもらって良いですか。」「どうぞ風があるから少し待った方か良いと思うけど」「気にしませんから」とコンパクトデジカメで撮って歩いて行った。川沿いに一株綺麗なナガバノスミレサイシン。これは時間を掛けて撮ろう。梅郷でお昼を食べてから蛇滝道へ。やはり花粉がつらくてどうしようか迷ったが結局上り始める。去年見た場所でまたナツトウダイが咲いている。山道を登り始めると登りのきつさと花粉でかなりつらくなる。汗をかきながら登って行くとエイザンスミレ、人が通らない時を待って一枚。前回見逃したヒナスミレが咲いているのを期待して目を凝らしながら登っていく。ナガバノスミレサイシンばかりが目に付く。だめかなーと思っていると、ちょっと違ったスミレ。葉、距等確認、ヒナスミレだ。蛇滝を登った甲斐があった。花粉がかなりつらくなったので下りはリフトにした。花粉はつらかったがもうピークは過ぎたようだ。春の花を満喫した一日だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ジロボウエンゴサク カテンソウ タチツボスミレ ニリンソウ アブラチャン
ジロボウエンゴサク カテンソウ タチツボスミレ ニリンソウ アブラチャン
ヤマエンゴサク ニリンソウ コチャルメルソウ タカオスミレ カントウミヤマカタバミ
ヤマエンゴサク ニリンソウ コチャルメルソウ タカオスミレ カントウミヤマカタバミ
カントウミヤマカタバミ ミミガタテンナンショウ ナガバノスミレサイシン ナツトウダイ エイザンスミレ
カントウミヤマカタバミ ミミガタテンナンショウ ナガバノスミレサイシン ナツトウダイ エイザンスミレ
ヒナスミレ ヒナスミレ
ヒナスミレ ヒナスミレ

HOME