2005/7/3 高尾山、稲荷山コース、6号路

今日は観察会で高尾山へ。この時期、雨か晴れて暑いかどちらかだが曇っていてそれ程暑くなく気持ちい山歩きとなった。皆の行いが良いのだろうか。稲荷山コースを登りはじめるとまずオオバジャノヒゲに出合う。そしてヤマアジサイが、6号路にも咲いているがここのヤマアジサイは綺麗だ。じばらく登って行くとムラサキシキブの花が現れる。紫の実は有名だが花を見たのは始めて。夏の里山をあまり歩いていないからだと反省。足元にキッコウハグマ、秋には綺麗な花が咲くがこの時期の姿を見たのは始めて。蕾だろうかこれが大きくなってやがて綺麗な花が咲くのだろう。休憩所で昼食を取りそこから6号路へ向かう。途中キジョランの花を見つけた。冬に成る見事な実は有名だが花はご覧のように目立たない。6号路を下ると落葉樹が沢山現れる。チドリノキが綺麗だ。葉はイヌシデなどシデ類と良く似ているが対生だし翼果がカエデの仲間である事を示している。暫く下って休んでいるとマタタビの花が現れる。もう花も終わりかけていたがまだ咲いている花もあり一枚撮る。歩き始めて暫くすると谷の向こ、スギに登ったテイカカズラ。目立たない小さな花だが清楚な花だ。琵琶滝のあたりだったろうかクマヤナギの見事な実、始めて見るがたわわに成っていて今が盛りのようだ。
初夏の高尾、そんなに暑くも無く雨にも降られず楽しい一日を過ごした。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

オオバジャノヒゲ ヤマアジサイ ムラサキシキブ キッコウハグマ キジョラン
オオバジャノヒゲ ヤマアジサイ ムラサキシキブ キッコウハグマ キジョラン
チドリノキ マタタビ テイカカズラ クマヤナギ
チドリノキ マタタビ テイカカズラ クマヤナギ

HOME