2006/1/3 日影沢

年も明けて始めての高尾、とても寒い日が続いている。日影バス停を降りると道路が凍って白くなっていた。日影沢に入ると冬枯れた林道が静かに迎えてくれた。今日はあまり撮るものは無いだろう。でも静かな林道をゆっくり歩いているだけで気持ち良い。山側の斜面にミヤマフユイチゴの実。日の当たらない場所で霜が着いている。暫く歩くと霜が降りて真っ白になっている場所に光が当たって輝いている。気温の低いこの時期ならではの光景だ。日影沢を抜けて林道に上がるとレモンエゴマやナギナタコウジュが現れる。冬になって枯れても花の姿が残る不思議な植物だ。日の当たる暖かい場所でお昼を食べる。鳥のさえずりが良く響く。冬は木も葉を落とし野鳥の姿が良く見える。谷側に樹の綺麗な実。イイギリのようだ。望遠レンズで大きく撮る。間に邪魔な枝が入ってなかなか構図が決まらない。まあ良いかと思い暫く歩いて振り返ると山側の斜面に見事な株。樹形が良く判り赤い実が良く目立つ。「遠くから見てこんなに目立つとは鳥も見つけ易いし、さすがだな。」などと暫く思いを巡らしていた。
撮る物はそんなに多くは無かったが冬の静かな林道が気持ち良かった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ミヤマフユイチゴ レモンエゴマ ナギナタコウジュ イイギリ
ミヤマフユイチゴ レモンエゴマ ナギナタコウジュ イイギリ
イイギリ イイギリ
イイギリ イイギリ

HOME