2006/11/4 東高尾山稜

久しぶりに東高尾山稜へ。11月に入り花も少なくなって来た。高尾山口駅前から甲州街道を渡り向かい側の尾根に上る。ヤブコウジの実が少し色付いて可愛い。尾根に出て休んでいると少し冷たい空気が気持ち良い。紅葉はまだ全然していない。年々遅くなる。何年前だっただろうここへ登る途中のオオモミジの紅葉が綺麗だった。尾根道を歩くとミヤマシキミが来春の花の蕾を付けている。これは雄株なのだろう。暫く歩くとチゴユリの実。先端に一つだけ付いている姿が可愛い。やがて今日の目的のコウヤボウキの群生へ。少し遅かったようで最盛期は過ぎている。綺麗な花を見つけて撮り始める。上下に二つ花を付けている株を見つける。両方の花にピントが来る位置を探って三脚をセットする。これがなかなか上手く行かない。「何を狙っているんですか?」「コウヤボウキ。なかなか上手く行かなくって。」通り掛った人に声を掛けられる。ご夫婦で散策のようだ。どうにか撮って一休み。ちょっと大変だったが満足感を感じながら目の前に広がる景色を眺める。ここは見晴らしが良くて気持ち良い。暫く休んでまた歩き始める。真っ赤な葉が目に飛び込んで来た。ヌルデの様だ。鮮やかな赤がとても綺麗。センボンヤリの閉鎖花も開き始めている。風に乗って飛んで行くのか。下る途中、去年見たのシラキの所へ。もう色付き始めている。光は差して来ないが優しい紅葉だ。これも良い!
花も少なくなった山だが移り行く季節を感じる楽しい一日だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

ヤブコウジ ミヤマシキミ ミヤマシキミ チゴユリ コウヤボウキ
ヤブコウジ ミヤマシキミ ミヤマシキミ チゴユリ コウヤボウキ
コウヤボウキ ヌルデ センボンヤリ シラキ シラキ
コウヤボウキ ヌルデ センボンヤリ シラキ シラキ

HOME