2007/1/8 日影沢

年が明けて初の日影沢、ここは人も少なくこの時期はとても静かだ。日影沢に入ると空気も冷たく凛として気持ち良い。花などあるわけも無くゆっくりと歩く。今日はあまり撮る物が無いかも知れない。それでも良いと思う。山の空気を吸っているだけで気持ち良いのだ。ゆっくり歩いていると後ろから歩いて来た男性に声を掛けられる。「今日は霜の花の撮影ですか」 霜の花?シモバシラもそろそろ始まっているかもしれない。それにしても「霜の花」とは素適な名前だ。などと思いながら歩いていると足元に可愛い姿が現れる。確かこれはアオキの実生だったか。枯れ草の中からひょっこりと顔を出している。林道に上がり歩いて行くとナギナタコウジュ。枯れた後も花の姿が残り良い風情だ。キジョランを見つける。果実は見つからなかったが葉にはアサギマダラの食痕がある。丸く食べるのが特徴のようだ。見上げるとオニグルミだろうか、青空にシルエットが映える。暫く歩くとマルバウツギだろうかまだ色が残る枯れ始めた葉。冬らしい風情だ。ボタンヅルが木に絡まり冬に白い花を咲かせているようだ。静かな冬の林道、空気は冷たかったが凛として気持ち良い一日だった。

ご覧になりたい写真をクリックしてください。

アオキ アオキ ナギナタコウジュ クサイチゴ キジョラン
アオキ アオキ ナギナタコウジュ クサイチゴ キジョラン
キジョラン オニグルミ ボタンヅル
キジョラン オニグルミ マルバウツギ? ボタンヅル

HOME