ノアザミ(キク科、アザミ属)(Cirsium.japonicum)

山野に生える高さ0.5-1mの多年草
分布 本州、四国、九州
花期 5-8月
メモ キク科は最も進化した植物だとされている。花序が舌状花と筒状花から成るキク亜科、舌状花だけから成るタンポポ亜科に分類されている。舌状花、筒状花はそれぞれ小花と呼ばれ、それらの小さな花が集まり頭状花序を形成している。維持するのに多くのエネルギーを必要とする舌状花、少ないエネルギーで澄む筒状花。それを組み合わせる事で全体として少ないエネルギーで花を維持し効率良く受粉しているようだ。そしてアザミは少ないエネルギーで澄む筒状花の集合だけで昆虫を呼べる事に気付いたのだろうか。


2006/8/3 志賀高原

2006/8/3 志賀高原

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.