キバナアキギリ(シソ科)
2004/9/19 小下沢

BACK | INDEX | NEXT

キバナアキギリの花が大きな口を開けて虫を待っている。花の中に見える紫の退化した葯を押すと上から花糸で繋がっている葯が降りてきて虫の体に花粉が付くとの事で実際にペン先で押して確認した。

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.