タチツボスミレ(スミレ科、スミレ属)(Viola grypoceras)

高さ30cm程になる多年草
分布 日本全土
花期 4-5月
メモ スミレの種子はアリによる散布で、そのためエライソームと言うアリの誘引物質がついている。
このため、写真のような階段の隙間から出ている事がある。

スミレは閉鎖花(写真下)と言う開かない花で、自家受粉し種子を作る。これは秋に入っても続き大量の種子を散布する。花を咲かせない事で少ないエネルギーで種子を作る事ができる。
では、開放花は何のために咲くのだろうか。
もちろん昆虫による他家受粉をするため。
閉鎖花による種子からでは同じ遺伝子を持つ個体しかできず少しの気候変動等、その遺伝子にとって弱い変化が起こると絶滅する恐れがあり、他の個体から受粉する事で遺伝子の多様性を得る事ができる。

下向きの閉鎖花は弾ける時には上を向き遠くに種子を飛ばそうとするがアオイスミレは下向きのまま種子が下に落ちるのでエライソームが多くついていると言う。


2002/3/17 小下沢

2006/4/16 奥高尾

2004/5/29 日影沢林道

HOME

このページの写真の著作権は全て撮影者に帰属します。Copyright(C) by Kosuke.Kawamura All Rights Reserved.